日本点字図書館にある「わくわく用具ショップ」

わくわく用具ショップのカウンターで職員さんが集まっている集合写真

今回は、東京都新宿区、高田馬場駅から徒歩5分のところにある日本点字図書館にお邪魔しました。
入口入ってすぐ左にあるのが「わくわく用具ショップ」
50年以上の歴史があり、約900の商品を取り扱う日本最大級の視覚障害者向け用具購買所です。
定番商品から新商品まで、様々な機器や便利グッズを実際に体験したり購入でき、あっという間に時間が過ぎていきました。

日本点字図書館とは

点字図書・録音図書の製作・貸出、点字教室やIT教室、視覚障害者用用具の販売、指定特定相談支援事業や自立訓練などを行う社会福祉法人です。
1940(昭和15)年に創立され、2020年で80周年を迎えます。

わくわく用具ショップとは

日常生活を安全で便利にするための、歩行補助具をはじめとする生活用具を販売しています。また、点字や視覚障害者を一般の人に理解していただくための活字図書も取り扱っています。

日本点字図書館HP
名称 わくわく用具ショップ (管轄:生活支援部用具事業課)
場所〒169-8586 東京都新宿区高田馬場1丁目23-4
日本点字図書館内
営業時間火曜日から土曜日 午前9時から午後4時まで
(祝祭日と年末年始や夏季休館、ゴールデンウィーク等の長期休館除く)
業務内容
店頭・電話・オンラインショップでの視覚障害者用具販売
スタッフ 職員10名、パートタイム14名 (用具事業課のみ)
電話・FAX 電話:03-3209-0751  FAX: 03-3200-4133
メール yougu@nittento.or.jp

わくわく用具ショップでできること

購入する

拡大読書器から日常生活で使える便利グッズ、白杖まで多種多様な商品を取り扱っています。インターネットや電話、FAXでの注文にも対応しています。

体験する

商品の陳列棚が対面形式になっているため、気軽に商品を手に取って体験できます。
据え置き型の拡大読書器も数多くの機種が展示されています。

カウンターの下に様々なグッズが置いてあり、対面で手に取れるようになっている画像
来館者が商品を気軽に手に取れる

レンタルする

携帯型拡大読書器、ルーペ、単眼鏡、遮光オーバーグラスは、購入検討のためにお試しレンタルが可能です。ほとんどが類似商品をまとめたパッケージになっているので、比較・検討できます。費用は往復送料も含めて、全て無料です。
遠方で実際に店頭に来られない方はぜひご利用ください。
※社会福祉法人 読売光と愛の事業団助成事業

段ボールの中に様々な種類のルーペが入っている画像
ルーペのレンタルセットの一例

白杖を修理する

  • ゴムが切れた
  • チップを交換したい
  • 蛍光テープを貼り換えたい

などの要望に対応してくれます。
郵送でもご利用いただけます。
こちらは有料です。詳細はお問い合わせください。

わくわく用具ショップのここがすごい

トリセツを自作したり、製品に点字を貼る

市販されている製品の中で、必要があれば音声や点字で取扱い説明書を作成することがあります。また、カードゲームに点字を貼ったりルービックキューブの色ごとに形が違うシールを貼るなど、視覚障害者が楽しめるような工夫を施してから販売しています。

視覚障害当事者のスタッフも接客

晴眼者のスタッフに混じって、全盲の上田さんも電話応対や店頭での接客を担当しています。上田さんが実際に製品を使う中でのリアルな意見を聞くことができます。

眼科で出張機器相談会を実施

1~2か月に1回程度、大学病院や眼科医院で出張の機器相談会を行っています。
眼科に来られる患者さんは視覚障害の手帳を取るほどではない軽度の見えにくさがある方も多く、倍率の低いルーペや拡大読書器などを選ばれることもあるようです。

商品ピックアップ

わくわく用具ショップには、拡大読書器から日常生活で使える便利グッズ、白杖まで本当に様々な製品が取り扱われています。詳細は、わくわく用具ショップHPをご覧ください。

全ての商品は紹介できないので、生活支援部用具事業課長の澤村潤一郎さん、近藤瞳さん、上田喬子さんとSpotliteの渡辺、高橋がピックアップしたオススメ商品をご紹介します。

音声時計(キーホルダー型)

音声時計(キーホルダー型)を手に持つ澤村潤一郎さん
澤村潤一郎さんオススメ

ボタンを押すと時間を音声で読み上げます。時報・アラーム機能、スヌーズ機能も付いています。キーホルダー型でカバンなどにも取り付けられます。
値段:1,380円

簡単サ印ガイド

簡単サ印ガイドを手に持つ近藤瞳さん
近藤瞳さんオススメ

サインと捺印のためのガイド枠が付いた紙幣見分け板です。一万円札サイズで、千円札と五千円札も長さで見分けられます。紙幣を合わせやすくするためのすべり止めも付いています。日本点字図書館のオリジナル商品です。
値段:325円

セーフティチャッカ

セーフティチャッカを手に持つ上田喬子さん
上田喬子さんオススメ

お線香とお香専用の電池式着火器です。火を使用しないため安心してお使いいただけます。上の穴に線香を1本差し込み、ボタンを約5秒押すと着火します。ボタンを押し始めてから約15秒でタイマーにより自動停止します。
値段:2,150円

体操ブーブー

体操ブーブーの画像
渡辺オススメ

鼻のボタンを押すと、9種類のやる気の出るかけ声の後、ラジオ体操第一が流れます。家の中でも旅行先でも、運動不足解消にはもってこいです。
値段:1,800円

マスキングテープ

マスキングテープの画像
高橋オススメ

点字や点字ブロックのことを多くの人たちに知ってもらいたいとの思いが込められています。おしゃれなデザインで様々な場面で使えそうです。お土産やちょっとしたプレゼントにも最適です。視覚障がいのある子どもと保護者の会「つばさの会」のオリジナル商品です。
値段:660円(2個入り)

職員さんからのメッセージ

澤村潤一郎さん、近藤瞳さん、上田喬子さんにお話を伺いました。

会議室で笑顔で話をする近藤瞳さん(左)と上田喬子さん


ー取り扱う商品はどのように選んでいるのですか?

利用者の要望を聞いてどういうニーズがあるのかを把握したり、市場を見て流行している商品を選んだりしています。
店頭で取り扱う前に館内の視覚障害当事者含む職員に使ってもらい、耐久性や使い心地、音声ガイドや点字の必要性を確認します。
現在、新商品として音声で操作できるIH調理器を取り扱おうとしているのですが、操作面がフラットで分かりにくいので、触って分かるカバーを作ってセットで販売しようと考えているところです。

 

ー用具を販売する中で意識していることはありますか?
店頭で実際に触っていただけるので、ご来館時には納得いくまで試してから購入いただきたいと思っています。
その際、情報が不足していると購入してから「期待していたものと違う」という不満が出てしまいます。
説明する時はどうしてもいいことばっかり伝えようとしてしまいがちですが、良い面と悪い面を両方伝えて、製品のことを正しく理解してもらえるように気を付けています。

 

ー当事者の皆さんに伝いたいことはありますか?
日本点字図書館という名前のイメージで、「点字の本しかないのかな」と思われているかもしれません。
しかし、このように用具の販売も行っており、昨年度からは相談支援や自立訓練を始めました。歩行訓練士が在籍していますので白杖を選ぶ時のポイントもお伝えできます。
見えない・見えにくいことでお困りのことがあれば、お気軽にご連絡をいただきたいと思います。

最後に

実際に商品を見せていただいていたのは約1時間でしたが、全てを見るには時間が全然足りませんでした。
色々な困りごとを解決してくれる商品が見つかって、日常生活が少し豊かになるかもしれません。
皆様、お近くに来られた際はぜひお立ち寄りください。

はくたんストラップの商品ラックの隣でストラップを手に持つ渡辺敏之さん
はくたんストラップも買えます(店頭のみ)

リンク

日本点字図書館

わくわく用具ショップ

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

1991年香川県生まれ。広島大学教育学部卒業後、国立障害者リハビリテーションセンター学院修了。視覚障害者のための福祉施設での勤務を経て、ガイドヘルパーの仕事を行う。教員免許(小学校・特別支援学校)を保有。歩行訓練士。Spotlite発起人。