視野

眼球を動かさないで見える範囲,すなわち視覚の広がりをいいます。視野の広さは,視線を基準としてここからの視角で表わします。測定には通常,視野計が用いられます。単眼視野 (一眼で見える全範囲) はおよそ上方 60°,下方 70°,内方 60°,外方 90~100°程度です。色調を弁別しうる視野の広さを特に色視野と呼ぶが,緑について最も狭く,次いで赤,さらに黄,青となります。このように,視野の内部に視機能の差異があり、通常視機能は視野の周辺部より中心部が高い。なお中心視野には,視神経乳頭に一致してマリオット盲点があります。

参照:コトバンク

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

1991年香川県生まれ。広島大学教育学部卒業後、国立障害者リハビリテーションセンター学院修了。視覚障害者のための福祉施設での勤務を経て、ガイドヘルパーの仕事を行う。教員免許(小学校・特別支援学校)を保有。歩行訓練士。Spotlite発起人。