生活訓練

1人1人のニーズに合わせて、掃除や調理、洗濯や裁縫など様々な訓練を行います。視覚障害者用に開発された製品や一般に市販されている中から視覚障害者が使いやすいものを紹介したり、視覚以外の手がかりを使う方法を提示しながら、安全かつ確実に行える方法を探します。訓練の方法は、施設に入所して集中して行ったり通所して行う他、視覚障害者の自宅へ職員が出張して行うなど、施設によって対応できる方法が異なります。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

1991年香川県生まれ。広島大学教育学部卒業後、国立障害者リハビリテーションセンター学院修了。視覚障害者のための福祉施設での勤務を経て、ガイドヘルパーの仕事を行う。教員免許(小学校・特別支援学校)を保有。歩行訓練士。Spotlite発起人。