盲学校

視覚に障害のある児童・生徒に対し、幼稚園・小学校・中学校・高等学校に準ずる教育を行うとともに、その障害による困難を補うために必要な知識・技能を修得させる学校。学校教育法の改正により、2007年以降の法律上の区分は「特別支援学校」となった。全国に68校(1分校含む)あり、在籍数は約2800名である。(2017年度) あんま鍼灸の資格を取るための理療科の他、理学療法科、柔道整復科、音楽科などの学科を設置している学校もある。

参照:〈報告〉視覚障害教育の現状と課題 : 平成29年度全国盲学校校長会調査

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

1991年香川県生まれ。広島大学教育学部卒業後、国立障害者リハビリテーションセンター学院修了。視覚障害者のための福祉施設での勤務を経て、ガイドヘルパーの仕事を行う。教員免許(小学校・特別支援学校)を保有。歩行訓練士。Spotlite発起人。