偏心視

視野の中心に暗転ができる中心暗点等の視野異常がある場合に、相対的に感度が高い、必要な広さがある等の理由から、中心窩(中心小窩)以外の網膜部位で見ているが、主視方向は中心窩が維持している状態をいいます。

引用:日本ロービジョン学会

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

1991年香川県生まれ。広島大学教育学部卒業後、国立障害者リハビリテーションセンター学院修了。視覚障害者のための福祉施設での勤務を経て、ガイドヘルパーの仕事を行う。教員免許(小学校・特別支援学校)を保有。歩行訓練士。Spotlite発起人。