ゴールボール

独自に考えられた視覚障害者の競技です。バレーボールコートのエンドラインと同じ長さの横長のゴールと、バスケットボール大の鈴の入った音の鳴るボール、そして「見え方」の条件をそろえるために光が全く入らないゴーグルを着用することがこのスポーツの特徴です。1チーム3名のプレーヤーは対面にある相手ゴールに向かってボールを転がして得点を競います。1980年からパラリンピックの正式種目になっており、女子日本代表は2012年のロンドンパラリンピックで金メダルを獲得しました。

参照:コトバンク

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

1991年香川県生まれ。広島大学教育学部卒業後、国立障害者リハビリテーションセンター学院修了。視覚障害者のための福祉施設での勤務を経て、ガイドヘルパーの仕事を行う。教員免許(小学校・特別支援学校)を保有。歩行訓練士。Spotlite発起人。