【Spotlite通信】ゴールボールと電車広告


こんにちは、高橋です。
今日、山手線に乗ったとき、隣から「ゴールボール」という声が聞こえてきました。

もしかして知り合いかなと思ったけど、違いそうです。

えらく情報通の人もいるんだな、それとも、だいぶパラリンピック種目も浸透してきたのかな、と思ってふと顔をあげたら電車の動画広告でこれが流れていました。

 

 

「ゴールボールって競技があるのか。」

「足音もフェイントになるのね。ちょっとやってみたいかも。」

「回転すると鈴がボールに張り付いて音がしなくなるんじゃない?」

 

初めて知ったとは思えないほど、マニアックな話もしています。

 

「ゴールボール。漢字に直すとどうなるのかな?」

「音球?鈴球?」

 

そんなことを話しながら、2人組は降りていきました。


今回取り上げた動画広告は電車で流すために作られたためか、音声はありませんでしたが、街の人がパラスポーツを知って興味を持つ瞬間に立ち会えました。


パラリンピックのチケットは、明日8月22日木曜日から抽選申し込み開始
です。


この動画の始まりは、「TOKYO 2020 に乗り遅れないための…」

 

皆さん、準備は大丈夫ですか?

 

この原稿を考えていたら乗り過ごしそうになったことは、ここだけの話にしておきます。

 

最後に、電車内で流れていた動画とは違いますが音声付きの紹介動画もありますのでご参考までにどうぞ。

 

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

1991年香川県生まれ。広島大学教育学部卒業後、国立障害者リハビリテーションセンター学院修了。視覚障害者のための福祉施設での勤務を経て、ガイドヘルパーの仕事を行う。教員免許(小学校・特別支援学校)を保有。歩行訓練士。Spotlite発起人。