20代視覚障害者の起業ヒストリー vol.1 浅野絵菜さん

安藤さんと浅野さんが正面を向いて2人で並んでいる画像。

株式会社19(いちきゅう)。
20代の視覚障害者2名が大学在学中に設立したベンチャー企業です。
ユニバーサルデザインに関するコンサルティング業務を中心に様々な事業を展開しています。

視覚障害になった時期も見え方も違う2人が起業するに至った過程から現在の仕事、これから転職や起業を考えている人たちへのメッセージを2回に分けてお伝えします。

1回目は、株式会社19取締役の浅野絵菜(あさのえな)さんです。

略歴

明治学院大学文学部芸術学科卒業。大学在学中の2015年2月に株式会社アーチャレジー(現:株式会社19)を設立し、取締役に就任。

インタビュー

視覚障害とは思っていなかった

ー目の見え方や病気のことを教えてください。
病気は、網膜色素変性症です。視力は0.6~0.7ほどありますが、視野が狭くて中心だけがわずかに見えています。基本的に一人で歩行してますが、誰かと歩くときは相手を見失っては困るのと目を疲れさせないために肩を借りています。文字の読み書きは問題なくできます。


ー病気が分かったのはいつごろなのですか?
小学校4年生の時です。飛蚊症の症状が出て、眼科に行ったら網膜色素変性症と診断されました。中学生になって病気のことを詳しく知るのですが、自分が視覚障害者という気持ちはありませんでした。あくまでも目が悪いだけで、『病気だし、そのうち治るだろう』と思っていました。


ー自分が視覚障害であるという認識はなかったのですね。
自分が障害者だと思った瞬間、抵抗を覚えて認めたくなかったのです。
学生時代、発達障害の同級生がいて普通に接していたけど『どこか自分は無意識に下に見ていた気がするなあ』と思い、そういう自分の気持ちにショックを受けたこともありました。


ー浅野さんの中で意識が変わるきっかけはあったのですか?
大学生の時、校内での配慮をお願いするために学生サポートセンターを利用していた縁で、1個下の全盲の後輩と知り合いました。その後輩が、寮で1人暮らしをするという話を聞いたのです。
『私より全然見えてないのに、寮で1人暮らしするなんてすごい』と思って、何もできない自分がこのままでいいのかなと考えました。
何となく普通に生きていけるのかなと不安に感じていた矢先のびっくりした出来事でした。


ー視覚障害者との出会いがきっかけだったのですね。
そうですね。加えて、父がいずれ私に情報が届くようにと、日本網膜色素変性症協会の会員になってくれました。その合宿に参加した時に、初めて自分以外の同じ病気の人と関わって「自分だけじゃないんだな」と、ホッとしました。私より見えない人もいて、「最終的にこれくらい見えなくなるのかな」と思いましたが視覚障害について落ち着いて捉えられるようになっていました。
そうして、大学2年の時に身体障害者手帳を取得して、白杖も持ち始めました。

浅野さんが笑顔で話をしている画像。

安藤さんとの出会い。そして起業。

ー浅野さんは、大学在学中に同い年の安藤さんと一緒に起業されたんですよね。浅野さんは、もともと福祉に興味があったのですか?
大学に入るまで、福祉とかボランティアには全く興味がなく、美術や音楽の鑑賞が好きだったので文学部の芸術学科に進みました。
大学に入ってから、階段のコントラストが低くて見えにくいと学校に相談したら、工事の施工などにも立ち会うことになりました。オシャレな学校だったので、景観を崩さずに見やすくする方法を大学と話し合い、配色などを考えるうちに、意外と福祉って面白いなと思うようになりました。後に、他の生徒からも「見やすくなって助かった」という声を聞いたことが自分の小さな成功体験にもなりました。


ーそうだったのですね。安藤さんとはいつ出会ったのですか?
大学2年生の夏頃です。私が入っていた点訳会という視覚障害者の環境を整えたり点字の勉強をするサークルで日本点字図書館に行く機会がありました。その時に友人が「他の大学に視覚障害者がいる」と紹介してくれたのが安藤でした。


ー安藤さんの印象はいかがでしたか?
外見で判断してしまって申し訳ないのですが、安藤は斜視もあって視覚障害者かもしれないということは分かりました。でも、『自分よりは見えないんだろうな』と思っていました。そんな彼が1人で歩いていることに驚いて、思わず友人に「彼って目が悪いんだよね?」と聞いてしまいました。話をしてみると私より視力が低かったのです。彼は、写真を撮ってアプリで加工もしていました。色々と見え方や悩みのことなど視覚障害のあるあるを話すうちに、意気投合しましたね。安藤はもともと起業を考えていたようで、私はちょうどいい相手だったのかもしれません(笑)


ー起業したきっかけは安藤さんからのお誘いだったのですか?
芸術科の講義で芸術にまつわる企画書を書くという課題が出たので、福祉を絡めようと検討しました。安藤に相談を持ちかけたら同じようなことを考えていて、それなら「ビジネスプランのコンテストに出してみない?」ということで応募しました。選考途中で「ファイナルまで残ったら起業を考えてもいいね」と話をしていると、本当に賞を取ることができて大学3年生の2月に会社を設立しました。


ー起業した時どんなお気持ちでしたか?
自分が障害に対してネガティブさを持っていた時に、安藤はポジティブで障害をうまく変換することができる力を持っていました。そのことが衝撃で、せっかくなら視覚障害をうまく活かしたいなと思って、安藤の提案に乗っかりました。

安藤さんと浅野さんが向き合って笑顔で話をしている画像。

最初からプロジェクトに関わる

ー起業してからはどんな仕事をされたのですか?
まず最初は手帳やノートの制作を行いました。安藤の友人で、手帳が好きな人がいたことがきっかけです。白黒反転の手帳なら面白いんじゃないかなという話から、トーンリバーサルダイアリーという手帳を販売しました。もちろん視覚障害者にとっても見やすいレイアウトになっていますが、オシャレで健常者でも使えるということで、結果的に健常者の方にたくさんお問い合わせを頂きました。


ー他の事業はいかがでしょうか?

ユニバーサルデザインに関するコンサルティングをしています。各企業の製品やサービスが、障害者だけじゃなくて、健常者、高齢者、外国人に使いやすいものになるように一緒に考えていきます。私たちは、プロジェクトの初期から関わって、企業が持続的にプロジェクトや事業を続けるためのお手伝いをさせていただいています。


ープロジェクトは初期の段階から関わっていくのですね。
そうですね。プロジェクトの途中や終わりの方から入っても、概要が決まっていると変更が効かず、私たちは評価することしかできません。そのため初期の段階で、「製品やサービスのコンセプトってどうするのか」ということを、弊社の理念に賛同した当事者のメンバーを含めてディスカッションしていくことが多いですね。

当事者のメンバー数名と一緒に議論している画像。
商品開発に向けて、ディスカッション。

自分の可能性を考えるように

ーコンサルティングを行う中で浅野さんが大切にしていることは何ですか?
私のような中途の障害者や、まだ自分の障害に気付いていない隠れ障害者のような人にとって役に立つものを考えたいなという気持ちが強いです。「目が悪いけど障害じゃない」と思っていた大学生までの私のように、悩んでいる人はたくさんいると思うからです。


ー自身の経験がコンサルティングにも活かされているのですね。
そうですね。私は自分の見え方と視覚障害がいまいちリンクしてなかったから、過去に「網膜色素変性症」で検索したことはありましたが、そこで終わっていました。
患者会があることも知らないし、視覚障害がどういうもので、どうすればいいかという情報も手に入りませんでした。きっかけがないと届くものも届かないので、障害に気付かなくても「こうすれば自分にとってよくなる」と思えるヒントを提供したいなと思っています。


ー起業して大変だったことは何ですか?
事務関係や経理関係の仕事です。今も、全て私がやっていています。あとは、営業をして新しいお客さんから仕事を頂くのも大変ですね。


ー起業してよかったことはありますか?
今まで「これもできない、あれもできない」と思っていたのですが、起業してからは「これもできるんじゃないか」と自分の可能性を考えるようになりました。これは安藤のおかげもあると思います。
実はずっと1人で飛行機に乗ったことがなかったんですが、今は1人でどこでも行けます。そんなことを含めて、自分の意識や行動が変わって視野が広がったことがよかったなと思います。

安藤さんと浅野さんの名刺を撮影した画像。
浅野さんがデザインした会社の名刺

きっかけは必ずどこかにある

ー現在就職活動をしていたり、これから起業したいという人に伝えたいことはありますか?
『自分はここにしか入れそうにない』とか『ここしか選択肢がない』という決め方ではなくて、自分は何をしたいのかを常に考えておくといいのかなと思います。起業したいと思っても、大学卒業直後は何ができるか分からないから、とりあえず会社に入るかもしれませんよね。その時に、本当に自分がやりたかったことが何かを模索しながら、『自分にはこの職種に向いているんじゃないか』ということを考えながら仕事に打ち込んでほしいです。

 

ー視覚障害で悩む方に伝えたいメッセージがあればお願いします。
今、もし立ち止まっていても、きっかけを見つけた瞬間に一気に前に進む気がしています。きっかけは必ずどこかにあるはずです。
それでも、色々と悶々としている時期からずっと抜けられなかったり、動けない時期はあります。少なくとも私はそうでした。
こうすればいいんだと分かった瞬間に、すっきりして希望も見えるので、きっかけを見つけることを諦めないでほしいなと思います。


ーきっかけを見つけるためにできることはありますか?
気分転換に外に出たり、自分では行ってみたことのないジャンルの場所に行ってみるといいかなと思います。福祉とは関係なくても、ふとした時に気付きがあるかもしれません。
私の場合は、自分で探す前にたまたま周りの人から教えてもらえる機会に恵まれていました。もし何もなかったら、今も晴眼者として頑張って生活していたと思います。だから、周りの人は何か悩んでいる人がいれば、きっかけになりそうなことを教えてあげてほしいです。